借金返済ことはじめ

関西在住の20代OL。彼女がいるレズビアンです。2015年2月3日、完済しました。

スポンサーサイト

Posted by さといも on
***スポンサードリンク***

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事辛い辞めたい2

Posted by さといも on   0 comments
***スポンサードリンク***

色々泣き腫らして泣き腫らしてブログが更新できませんでした。

私は先日ブログを更新した夜、社長に自分の思いの丈を話すことが出来ました。高卒で今の会社に勤めて約10年。今までの10年間の中で一番社長の想いを知り、自分の想いを伝えられた夜でした。
結論から申し上げると、私は会社を辞めずにこのまま働き続けることができます。ですが明らかに社長に思いを伝える前とは心の平安が取り戻すことが出来ました。
ご心配して下さった方々、本当にありがとうございました。頂いたコメントに、本当に救われました。

この思いを忘れないように、この二日間を記しておきたいと思います。


11月17日9:00~12:00

午前は仕事になりませんでした。
連日の辛さと思い込まれ感が半端じゃなく、心を落ち着かせるためにブログを更新しました。

実は私は、社長に打ち明けられないミスを隠していました。
このミスを隠していることも、私が仕事に対して大きな辛さを感じている要因の一つであったことは明らかで、ミスを打ち明け、それに対する責任をとるということで辞めたい、と伝えたかった。今思うとただの責任逃れなんですが、その時は本当にそうするつもりでした。

更新した記事に一件、コメントが。
優しいコメントに心が震えるさといも。


11月17日12:00~13:00


昼休み。
私は彼女にLINEを打ちました。

仕事
辛い
辞めたい
どうしよう
今日の夕方、社長と話す


なんて一方的なLINE。彼女からは少しして返事がきました。

どうした?
勢いで辞めたら後悔するよ
大丈夫?


私はそれに対して「勢いじゃない。ずっと辛かった」とだけ返事をしました。

彼女からは「泣」の一文字。
彼女は昼休み、あまり長々とLINE出来ません。この後も私は返事をしましたが結局夜まで既読にはなりませんでした。

後から聞くと、彼女は昼から仕事をしながら私の心配をしすぎて仕事が手につかなかったそうです。
私は本当に自分勝手です。とにかく社長に話す前に彼女に言わないと、と思って伝えたLINEでしたが、きちんと事情を説明できない時間にこんな大きなことを話すなんて、私は本当にひどい人間だな、と思いました。



11月17日13:00~18:00

現在他社のデザイナーさんと一緒に進めているプロジェクトの打ち合わせ。
デザイナーさんは、私が開発に携わっている製品のイメージが上げてきてくださり、それの詳細な詰め、その後の販売経路の戦略など結構詰めた話し合いをしました。

どこに出すか。
プロモーションはどうするか。
誰を通すか。
価格設定は。
見込み客は。

正直、今一番面白いと思っている仕事。
自分たちがこだわって開発して、形になったものを世に送り出す、その詳細な詰めの話。

社長も、同席していたデザイナーも、そして今日の夕方、辞めるかどうするかの話を社長にしようとしている私も含め、本気で「良いもの」を世に出すために本気で話をしました。
気心の知れたデザイナーさんだからこそ、結構モノをズバズバ言われます。こちらも開発現場の人間として、真剣にモノをズバズバ言います。

私は始終、涙が出そうでした。やっぱり私はこの仕事が好きなんだ、と感じました。

私が辞めれば、今の話し合いと私の人生は何ら関係無くなる。私はこのことを思うと、とても辛く、どうしていいのか、どうしたいのかが分かりませんでした。

「私は辞めたいのではないのかも知れない」
「今の辛い気持ちを解決したいんじゃないだろうか」。

話し合いを進める中で、こう思うようになりました。

打ち合わせの休憩時間、現在のプロジェクトと並行して取り組んでいる、うちの会社の新規技術のプレゼン発表会の話が話題に出ました。
お偉いさん方の前で発表するプレゼン発表会。
私は社長がするものだと思っていたけど、どうやら社長は私も一緒に前に出させるつもりのようでした。びっくりした。

ぽしゃるわけにはいかない大きなプレゼンです。

「私も前に出るかもしれない」

この時、重圧やプレッシャーよりも、これだけ私を信頼してくれている社長に、早く私の気持ちを伝えなければ、と強く感じました。


11月17日18:00~19:00

夕方には終わるはずだった打ち合わせは白熱に白熱を重ね、結局18時まで続きました。
打ち合わせ後、私は社長に話そうとすると、社長に一本の電話が。急ぎで対応しないといけない別案件の仕事でした。
私にも関係している仕事で、話どころではなく、その対応に追われ、あっという間に定時の19時。今日は社長も急いでいるということで、定時で帰られました。


11月17日19:00~20:00

話をする機会を逸した…

私は落胆とモヤモヤで肩を落としました。

けど、もう気持ちが耐えられなくて、絶対に明日は言わなければ、と思いました。
ブログを見ると、新たにコメントが数件。こんな私を心配して下さっている方がおられると思うと、本当にありがたいな、と沁みました。

そして同じころ、彼女にLINEを送ります。


今日は社長と話せなかった。


彼女もちょうど仕事が終わったようで、すぐに返事がきました。


突然でびっくりした
いきなりすぎ



私は彼女に会社での事、最近の辛さ、ミスを隠してしまっていること、社長に対する恐怖心があってなかなか本心を言えないこと、諸々を話しました。
そして明日、社長に言おうと思っていることを伝えました。

しかしそこは厳しい彼女。


明日じゃダメや
今日や
今日じゃないとあかん
隠しているミスのこともあるんやから、少しでも早く言いなさい



正論すぎてもっともすぎて。逃げてばかりの私と、真っ向から立ち向かおうとする彼女。あまりにもダメな私には彼女の誠実さが眩しすぎ、今夜社長に伝えることにしました。


つづきます



下の「借金・借金苦」の白いバナーをポチッとお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


よければ以下のバナーもクリックお願いします。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

***スポンサードリンク***
***スポンサードリンク***
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。