借金返済ことはじめ

関西在住の20代OL。彼女がいるレズビアンです。2015年2月3日、完済しました。

スポンサーサイト

Posted by さといも on
***スポンサードリンク***

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性は結婚したらお金の心配をしなくていいの?

Posted by さといも on   18 comments
***スポンサードリンク***

んなわけないやろ、と思ってしまうのは借金カテゴリに毒されすぎなのか

ハート


昨晩、すぺさんの「ぶっちゃけ、アバウトなネット収益の話!」なる記事を見て、スマホ版のブログの広告の位置を修正し直している最中に、彼女から電話がありました。仕事に関して思い悩んでいるみたいで、修正もそこそこに(というかまだ未完成)彼女の声に耳を傾けていました。

話をする中、彼女は将来に対しての不安を口にしました。
不安材料の一つには、「女性と付き合っている」ということも含まれており、さといもは胸がジクジクします。

さといもはレズビアンですが、彼女はバイセクシャル(どっちもOK)です。つまり彼女は人生を考える上で、男性を人生のパートナーに選択することもできるんです。

彼女は現在の経済状況を鑑みて、本当に女性とこのまま付き合っていていいのか、と不安に思うこともある、と話してくれました。それは「男性と結婚するべきじゃないのか」ということと同義。さといもはレズビアンですがこの辺りの考えは柔軟で、バイセクの方がこう思うのは至極当然のことだと思っています。

だけどもだ。
果たして女性は結婚したらお金の心配をしなくていいの?

んなわけないです。
だってブログ村の借金カテゴリを見てごらんなさい。

ざっと見るだけでも、
ナツジさん
joenさん
がおがおさん
ゼロさん
ふくろうさん

こんなにも奥さんを泣かせている先輩諸氏という名の馬鹿野郎がいっぱいいるのです。

結婚したからと言って一生経済的に安定か、んなわけない!というのが私の意見です。
※名前を挙げた方々、大変申し訳ございません。


…なんてことは彼女には言えず。

というのは、彼女の実家は金銭トラブル等が原因でお父様が自殺されました。そういう過去がある彼女に、安易な言葉掛けはできません。ただただ話を聞くばかりです。


勿論、彼女自身、お父様のそういうことを経験しているので、結婚=安泰とは思っていないみたいです。



もう働くのがしんどいから家庭に入る、という女性を、さといもは今まで何人も見てきました。その後、現在も幸せに暮らしている人もいれば、旦那さんの借金が原因で離婚した人もいます。そういうのを見ても、やっぱり女性は、男性と結婚できたからといって一生経済的に安泰である時代では無いんだなぁと思います。

だけども、女性にとって「○○さんの奥さん」「○○くんのお母さん」という社会的なアイデンティティを得ることは、とても心強く感じるでしょう。女性同士の場合はいくら一緒にいてもこういうアイデンティティを得ることができません。まるで根無し草。彼女はそういう部分にも不安を感じるのかも知れません。


レズビアンという生き方を選択した私は、親に孫を見せてやることもできません。手塩にかけて育てただろう長女がこんな有様とは、まったく親不孝者です。正しき道が分かっていてもそれを選択できない私は大馬鹿野郎だと思います。

親の立場になったことがない私は、きっと親心の何たるかも全く分かっていません。けど、両親は私に対し、「幸せになってほしい」と願っていることはきっと確かで、では私にとっての幸せの基準は何だろうか、とも考えるところです。



私にとっての幸せ。勿論これは幸せの一側面です。

この人と一緒なら、この人のためなら、苦労も厭わずに頑張れる。
そんな人が人生のパートナーになってくれたら、さといもはとても幸せです。
そして今お付き合いしている彼女が、そのパートナーになってくれたら、もうこれ以上はないほどの幸せです。



彼女は高校~私立大学4年間の間、フルで奨学金を借りていたので、まだ確か450~500万円くらいの残債(と言っていいのかこの場合)があります。今の私が彼女にこんなこと言っても、信用ゼロを地でいってる状態なのでなので言いませんが、私はこれを一緒に返していきたいと思っています。現在の私の残債が大幅に増えた「奨学金返済ことはじめ」をスタートする日も来るかも知れません。

そして素直に「一緒に返していきたい」という気持ちが芽生えたそんな人と現在付き合っていることがとても幸せです。これを幸せと思ってる時点で私はやはり救いようのない大馬鹿野郎かもしれません。

何をもって幸せとするか、その尺度は人それぞれ。
浮き沈みのある長い人生で、根無し草でありながらも「この人となら」と思える相手と生涯を共にでき、毎日苦労を厭わず幸せな生活を送ることが出来れば。親は呆れるでしょうし、喜んでくれるかも微妙ですが、「子」としての生き方において及第点をもらえるのでは、とも思っています。


えらい壮大なことを偉そうに言っていますが、それより先に私は借金を返さんとあかんのです。
明日は住信SBIネット銀行カードローンの約定返済日。「奨学金返済ことはじめ」は次なる目標として、まずは自分の足元から綺麗にしていきます。



余談。
ブログを始めて半年弱。
昨日更新したアレな記事は今までで最も多いコメントを頂きました。ありがとうございます。
全く持って、この時点でさといもの人間性が窺い知れます。いいんです。おっぱいは正義。



無駄に長い記事を最後まで読んでくださってありがとうございました。
ノーマルな人も同性愛者も変態もドMも、下の「借金・借金苦」の白いバナーをポポンとクリック頂ければ、さぁご一緒にボヨンボヨンボヨン

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


よければ以下のバナーもクリックお願いします。

Comment

すぺさん says...""
ナツジさん
joenさん
がおがおさん
ゼロさん
ふくろうさん


上記の人の嫁は無理やわ~

ナツジさんが一番あかんなぁ~お年玉でスロットやからな~


ジョンさんもあかんなぁ~横領して競艇やしw
2014.12.04 15:07 | URL | #- [edit]
ナツジ says...""
なんでいつもこういう時にちきろーさんは漏れるの??

いやまあ、お年玉は確かに、、、

正義は勝つ!でぽぽぽぽーん!
2014.12.04 15:21 | URL | #- [edit]
ゼロ says...""
ぐは。笑 返す言葉もございません。
オレが女だったら絶対に自分みたいな男と結婚したくないけど、これでも昔は結構モテたんですよ!
優しそうに見えるらしく…人生何処に罠が潜んでるかわかりませんホント(←自分で言うな)

冗談はさておき。
なかなか深いエントリですね。たかだか40ン年の少ない人生経験だけど、
「人に幸せにしてもらおう」と思ってる人は、あまり幸せになれてない様に見えます。私見だけど。
女性に多いかな…
結局どこまで行っても「自分は自分、他人は他人」なんでね。これが身に染みている人は多少の不幸にも負けない。
ウチの奥様がこんなダメ人間と一緒にやれているのは、奥様が「自分は自分、他人は他人」の国の住人だからなのかな、なんて思ってます。

以上、お前が言うな、なダメ人間の言い訳でした。長文失礼。
2014.12.04 15:53 | URL | #- [edit]
シン says...""
人生は人それぞれと言えど、固定化されたまたは普遍化された幸せはあるのだと思います。
その幸せと自分の現状との間で揺れ動く彼女の気持ちは当然でしょう。
しかしさといもさんの言う、男女間でなら得られるアイデンティティさえ得られない事はままある。
私自身、実子はいませんし公式に誰かの旦那さん、お父さんと呼ばれることは無いのです。
だからといって自分自身を保てないか?幸せではないか?と言われるとそんなことはないし。
まぁ親不孝だとは思いますけどね。
とは言え、私が女なら金持と結婚して専業主婦がええなーw
2014.12.04 16:46 | URL | #J2E4.bgw [edit]
さといも says...""
すぺさん
コメントありがとうございます。

べらんめえなご主人さんを持った奥様方はほんとにすごいですよね笑
2014.12.04 16:53 | URL | #- [edit]
さといも says...""
ナツジさん
コメントありがとうございます。

このテのランキングではナツジさんが間違いなくナンバー1です!!
2014.12.04 16:55 | URL | #- [edit]
さといも says...""
ゼロさん
コメントありがとうございます。

>「人に幸せにしてもらおう」と思ってる人は、あまり幸せになれてない様に見えます。
あぁ、確かに。私もこれは分かります。

この記事は何も深くないです。いもの残骸です。
いもは多感な時期に「え、うちってほんまにレズビアンなんか…?」とグルグル考える青春を送ってしまったので、どう生きればいいのか、とか分からんくせに難しいことを無駄に考えてしまうくせがついてしまいました。これはよくない。けどいかんせん、致命的に脳みそが足りないので建設的な考えに到達しないことがほとんどです。

今の私にはまだ難しいですが、「自分は自分、他人は他人」。これ、いい意味で身につけたいです。
2014.12.04 17:03 | URL | #- [edit]
さといも says...""
シンさん
コメントありがとうございます。

最初の二行にノックダウンです。まさしく仰る通り。その通りです。コピペして彼女に送ります。
そうか、シンさんも「お父さん」「旦那さん」ではないんですね。男女間でもいろんな形がありますよね。
最後の文章で、彼女が私と付き合う随分前に「大金持ちと結婚したい。私の奨学金全部払ってほしい。死ぬまで養ってほしい」って言ってたのを思い出しました。まぁ私もストレートならそう思ってたかもしれません笑
それが一般的かもしれませんね笑
2014.12.04 17:08 | URL | #- [edit]
きき says...""
こんにちは。

さといもさん…深いなぁ~いろいろ考えてるね。
借金うんぬんは抜きにして、
親は、結婚して家庭を築いてくれる→を幸せとするのではなく
子が幸せだと思って生きている→を幸せに思うのではないかな?

我々(夫婦)以外誰も結婚していない兄弟(姉妹)たちを持っている私はそう思います。

私の姉は、事実婚状態で…なぜ籍を入れないのかな…とか話に出たりするけど
今の状態がベストなのであれば、それはそれでいい…となんかの時に親が言っとりました。
みんながそう考えるわけではない(もちろん、結婚して孫の顔を見せてくれ~と思っている親もたくさんいるだろうしね)けれど、私は自分の子供たちにも、「幸せだと思って生きて」いってほしいなぁ…と思ってます★
(自分の子供のことは、まだそういう年齢じゃないからあまり想像できないけれどね)

ppppn♪
2014.12.04 18:30 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.12.04 22:18 | | # [edit]
さといも says..."http://hensai100man.blog.fc2.com"
ききさん
コメントありがとうございます。

おお…母親のお立場からの貴重なご意見ありがとうございます。
やっぱり親には心配かけたくないって気持ちが強いので、心配せんでええよ!娘は元気に幸せに生きてるで!って姿を見せ続けたいと思います。それが強がりではなく、自然とそうなれば嬉しいです。

ppnありがとうです!

2014.12.04 22:49 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.12.04 22:51 | | # [edit]
さといも says...""
22:18鍵コメさん
コメントありがとうございます。

そうなんです。
さといもは女です。ごめんなさい(?)

デリケートなお話をして下さって恐縮です。多感な時期のそういった経験は後々の人格形成に大きく影響するんだろうなぁとは彼女を見てて感じます。鍵コメさんのそういったご経験も然り…

諸々を反面教師にするのって難しいですよね。私も父の裁判を経験し、もしかして私も将来同じことになってしまうのでは、と感じたことがあります。幸い、それは成人後の経験だったので精神的ダメージが長引くことはありませんでしたが、これが小学生の頃とかだったら…どうなってたかわからないですね。

お励ましありがとうございます。
私はかなりのアホですが、彼女と二人三脚で頑張ります!
2014.12.04 23:01 | URL | #- [edit]
さといも says...""
22:51 鍵コメさん
コメントありがとうございます。…本当に。

鍵コメさんのコメントの返答は心の中でさせて頂きます。本当に人生って…色々ですね。深く考えさせられました。

2014.12.04 23:12 | URL | #- [edit]
ふくろう says...""
昨夜はブログ確認も出来ずバタンキューで寝てしまい、今朝出勤前にチラっこのブログ覗いたら、イケテナイ男性ランキングに名を連ねてるし。。w

コメントしたくても出勤前だったので、それも出来ず。

ようやくコメント出来ました 笑

娘が居る身として、この際ご両親への親孝行よりも、自分の幸せを優先すれば良いと思います。

もちろん、その過程で親の立場として色々反対したり、文句を言ったり、悲しんだりする事もあると思いますが、それはどこまで行っても子供をつくった親の宿命です。

少なくとも僕の場合は、最後は子供自身が幸せになって、願わくば自分が死ぬ時に駆けつけてくれれば何も言う事無いです。 勿論その過程で娘には色々と言ってしまうんでしょうが。。
2014.12.05 20:18 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.12.05 20:42 | | # [edit]
さといも says...""
ふくろうさん
コメントありがとうございます。

イケテナイ男性ランキングww失礼いたしました笑

なんて言ったらいいんでしょうか。
「お客様は神様です!」の精神は店員の持つ精神であって、客がそれを求めるのはおかしいじゃないですか。
店員には店員の分があって、客には客の分がある、っていいますか。

ふくろうさんの仰る「親としての宿命」を子供が親に求めるのはおかしいですし、それは上記の店員と客との関係に通じる部分があるのではと思います。

さといもは、子の立場からしたら、親がどうであろうと、子としての分があるのでは、と考えてしまうんです。

その上で、自分ができる限りの親孝行をしたいと思っています。どんな人生になろうと、この世に生を受けたのは両親のお蔭ですからね。そこの恩返しはひっくり返っても出来ませんが…

私の両親が、ふくろうさんのように思ってくれていたら嬉しいな、と感じます。




まぁ長ったらしい…!笑
長々とすみません。
2014.12.06 11:01 | URL | #- [edit]
さといも says...""
20:42鍵コメさん
コメントありがとうございます。

確かに「たまたまの雪だるま」ですね。

ありがとうございます、私ももうこれで終わりにします。

しかし、上位ブロガーさんは大変なんだな、と思いました。真ん中あたりでウロウロしていたら何言ってもいいわけじゃありませんが、何とも居心地のいい位置でヌクヌクしている感じです笑
2014.12.06 11:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

***スポンサードリンク***
***スポンサードリンク***
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。