借金返済ことはじめ

関西在住の20代OL。彼女がいるレズビアンです。2015年2月3日、完済しました。

スポンサーサイト

Posted by さといも on
***スポンサードリンク***

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前は犯罪者の娘だ 2

Posted by さといも on   20 comments
***スポンサードリンク***

京都地裁


お前は犯罪者の娘だ 1 の続きです。

裁判が始まりました。

…正直、裁判途中のことはほとんど覚えていません。


父が法廷に立つ姿を、後ろから見ました。

いつも偉そうにしている父の姿が、小さく見えます。
それでも、裁判官、弁護士、検事の言葉にしっかりと答えています。

後ろからなので父の顔は窺い知れません。


いよいよ、私の番になりました。
緊張して、雰囲気に飲まれそうで、吐きそうです。


覚束ない足で、生まれて初めての法廷に立ち、深呼吸…

弁護士は、「あなたは被疑者「さといも父」の長女ですか?」と尋ねられ、私は「はい」と答えました。
そして続けて、「あなたにとって、お父さんはどんな存在ですか?」と聞かれました。

事前の練習では「私にとって父は、母や私たち三姉妹を一生懸命育ててくれた真面目な人で、とても大切な存在です」
と答える予定になっていました。


ですが、感情の高ぶっている中での、その質問。

私にとって、お父さんは。


小学校六年生の頃、友達と万引きをして警察に補導された時(これ書いて思い出しました。私も犯罪者やorz)
中学校一年生の頃、母の財布からお札を何枚も抜き取り、遊びに行ったことがばれた時。
同じく中学校一年生の頃、同級生の女の子を集団でいじめていたことがばれ、学校呼び出しを食らったとき。

私がこういう悪事を働いた時、決まって父は鬼の形相で私に強烈なゲンコツを落としました。
そして、当時の父の仕事(京友禅の糊置き)部屋で、父が仕事をしているの前で正座で座らされました。

この間、父は何も言葉を発しません。黙々と仕事を続けています。
私は殴られた頬っぺたを摩りながらも、父の働いている姿を無言で見ていました。

すると、涙が出てきます。
何に涙をしているのか、その時は自分でも分かりませんでした。

ですが今思うと、きっと父の働く姿から、こんなに頑張って働いてくれている父を悲しませることをしてはいけない、と、僅かながらに感じたんだと思います。
しかし底抜けにアホな私は、そんな姿を見て涙しても、その後も幾度となく悪事を働きます。

そのたびに、父の働く姿の前で正座をしてきました。

誰かのために働く尊さを、私は父の姿から少なからず感じました。
大学に行けずに、社会に出ることになった私に、父は「これで良かった、って思えるようにこれから頑張ればいい」と声をかけてくれました。
この言葉が、どれほど大きな力になったか。



私にとって、お父さんは。


「とても、大切な、人です」


弁護士の質問に、涙で詰まりながら絞り出した、私が答えた言葉でした。


それからもいくつか弁護士、検事から質問をされ、答えました。けど内容は全く覚えていません。

私は皮肉にもこの裁判を通して、父に対してものすごく感謝の思いを感じることが出来ました。
裁判結果はどうあれ、父は私にとって、かけがえのない、大切な人であることには変わらないのだ、と強く感じたからです。


裁判結果は、


………


実は詳しく覚えていないのです。


ですが、「懲役○年、ただし△年間(このあたり曖昧)、執行を猶予とする」

という裁判官の後半の言葉はとても覚えています。
執行を猶予とする、って執行猶予がついた!実刑じゃない!

判決文を聞いた瞬間、隣にいる母の方を見ると、母は顔を手で隠し、号泣していました。
そんな母を見て、私はさらに号泣…

結果的に「執行猶予をつける」という目標の結論に至りました。



そのあと、両親に内緒でこさえた借金の枠は瞬く間に使い切り、リボ払いにも手を出し、あれよあれよと首が回らなくなったのは、また別の話…

この件をきっかけに借金はできてしまったけど、そんなこたー大したことじゃない。
確かに私たち家族にとって大きな大きな負の出来事でした。ですがこれをきっかけに私は長女としての自覚、両親への感謝を強く持てました。肝も据わったように思います。
また、返済を通して、お金の使い方も勉強することが出来ました。





ですが事件は一人で起きません。
えらい綺麗に書いていますが、今回の事件、私の父は加害者で、もちろん被害者の方がいるのです。
私の家族にとって大きなことでしたが、それ以上に、被害者ご家族にとっても大きなことなのです。


裁判の結果が出てから、被害者の女性のおばあ様のお宅にご挨拶に行きました(事件後、母と何度も行っています)。
初めてお宅に行ったときは、それこそ殴られる覚悟でしたが、対応して下さったおばあ様の息子さんご夫婦は、何とも気の毒そうに出迎えてくださいました。

「以前から痴呆で外をフラフラ出歩くようになっていた」
「杖があってもまっすぐ歩けないような母だから、事故の時もフラフラしていたのだと思う」
「大きな事件になってしまって申し訳ない」

息子さんの話を聞き、申し訳なさで胸が大きく痛みました。
裁判後にご挨拶に行った時も、お母様が入院されておられるというのに、執行猶予がついたことを「良かったです」と言ってくださいました。

そして私たちをお家に上げて下さり、様々な話を聞かせてくださいました。

「痴呆で私の言葉が全然届かない時は、本当に憎たらしく思うことが何度もあり、間違いを起こしそうになったこともあった」
「今、寝たきりになった母を見ていると、今まで思わなかった母へのありがとうの気持ちが出てくる」
「こうやって母の面倒が見れることになって、良かったかもしれないと思っています」

私は息子さんのこのお話を聞いて、涙が溢れました。
父は私以上に涙を流しながら、何度も頭を下げていました。


何をきっかけにどうなるか分からない人生。
悪い出来事を起こさないようにするのは大切ですが、起こった出来事を、どのように自分の人生に活かしていくのか、その方が大切なのではないかと強く感じました。


借金程度で腐ってたまるか。
私の人生は、まだこれからの方が長いのです。



長い文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。
以下のバナーをぽちっとしてクリックして頂ければ嬉しいです。




Comment

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.01.09 18:54 | | # [edit]
joen says...""
被害者のご家族がそう言ってくれてるのがせめてもの救いですねー。
裁判の場 20位の頃から、男前やったんやー。
2015.01.09 19:14 | URL | #lrLIxu.w [edit]
きき says...""
強くなれるできごと…ですね。
親への感謝って、なにかきっかけがないと当たり前のことのように思ってしまっていて…なかなか感じる機会ないですよね…。

この出来事があったから、今のさといもさんがいるんだね。
(いい意味ですよ~)
2015.01.09 19:16 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.01.09 19:16 | | # [edit]
すぺさん says...""
( ^ω^)つ ハルンケア

ちょめ氏も執行猶予だったな~

色んな経験してるよな~辛い経験やわ!

でも、その為に借金するのは、ええ金の使い方してると思うよ!

しかもマッハで返してるし!ええ子供やわ!
2015.01.09 19:32 | URL | #- [edit]
がおがお says...""
さといも様

裁判、僕が温めてるシリーズでもありますよ。

あれはイヤですね。

でも、お父様の言葉、じーんときますね。

なんとなく、さといもさんが育った光景が目に浮かびます。
2015.01.09 20:28 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.01.09 21:45 | | # [edit]
ルーク says...""
サトイモさん、こんばんわ。
すごい人生ですね。話は少しそれますが、人って死と生は紙一重なのに普段はどちらかしか意識しないんです。その狭間を見たことのある人はより強く生を感じ、考えるようになります。 同じように辛い思い出も、そこから抜けたときはには、その人の血肉となって支えになってくれます。サトイモさんの借金が消えたときどんな景色を見るのか、今から楽しみです。記事にしてくださいね。
2015.01.09 22:57 | URL | #- [edit]
さといも says..."Re: タイトルなし"
18:54 鍵コメさん
コメントありがとうございます。

めちゃくちゃ驚きました。
あまりに波乱万丈な人生ですね…この年になって、島倉千代子さんの「人生いろいろ」の含蓄の深さを痛感しております。

親にもらった体に傷をつけたくない、とのお気持ちすごく分かります。
私も同様の気持ちから、ピアスの穴もあけておりません。

思い切り詳細な内容でリコメしたいのですが非公開故コメに漠然とした内容になりまして申し訳ありません。
これから、鍵コメさんの人生が少しでも豊かに、明るくなることを願っております。
2015.01.10 09:25 | URL | #- [edit]
さといも says..."Re: タイトルなし"
joenさん
コメントありがとうございます。

本当にそうです。いくら法律で守られても、被害者ご家族の心情がやっぱり加害者家族として最優先にしたかったので、本当に救われた気持ちでした。
あけすけに話せる内容ではないですが、1mmくらいは男前になれたきっかけだったかもしれません。もう二度とあんなことしたくありませんが!笑
2015.01.10 09:27 | URL | #- [edit]
さちこ says...""
父は「これで良かった、って思えるようにこれから頑張ればいい」

私もこの言葉、いつも自分に言い聞かせています。

さといもさん
すぺさんの言ってる通りです。
借金!借金!って言われても
借金の中身によるのですよ。

さといもさん、本当に偉いわ。


2015.01.10 09:30 | URL | #- [edit]
さといも says..."Re: タイトルなし"
ききちゃま
コメントありがとうございます。

昔から「親への感謝を~」とか言われてもピンと来なかった私ですが、この事件をきっかけに本当に色んな気持ちに気づかせてもらいましたね。微妙に大人になれた気がします。

今の私は今までの経験の集積だと思うので、この事件は確実に私の血肉になっています。けどもう二度と経験したくないな~~
2015.01.10 09:30 | URL | #- [edit]
さといも says..."Re: はじめまして"
19:16 鍵コメさん
コメントありがとうございます。


なんと!京都出身であられるんですね。私も勝手に鍵コメさんに親近感が…
そしてとても優しいコメントありがとうございます。目から汗が出ます。

また、ご両親が…。デリケートなお話をして下さってありがとうございます。
分かります、血のつながりって…理屈ではない、何かもっと大きなものを感じます。

またどうぞいらしてください!
お待ちしております!
2015.01.10 09:36 | URL | #- [edit]
さといも says..."Re: タイトルなし"
すぺさん
コメントありがとうございます。

ちょっと!それ、ふじさんとこのネタじゃないですか笑

どうなんですかね、私は借金にいいも悪いもないって思っているタチなので…けどこれがなかったら私はお金の使い方を心底勉強できなかったので結果オーライではあります。

ええ子供ってwww
ありがとうございます、嬉しいです。
2015.01.10 09:39 | URL | #- [edit]
さといも says..."Re: タイトルなし"
がおがおさん
コメントありがとうございます。

裁判は嫌です。
被害者・加害者のどちらの立場になったとしても、法廷には二度と立ちたくありません。

私の両親は私同様高卒ですが、父は大学に行きたかったようです。
だからこそのあの言葉だと思うと、余計に胸に来るものがありました。
2015.01.10 09:42 | URL | #- [edit]
さといも says..."Re: タイトルなし"
21:45 鍵コメさん
コメントありがとうございます。

事件までは私が頑張らなくちゃ!みたいな使命感はなかったんですけどね。。
「パパどうなるん?」と涙ながらに訴える妹たちを見て、覚醒した感じでした。

しなくていい経験はしない方がいいとも言いますが、私に取ったら無駄な経験ではなかったんだと思います。

こちらこそ、ありがとうございます。何より私が記事を書こうと思ったきっかけは鍵コメさんだったので笑
2015.01.10 09:45 | URL | #- [edit]
さといも says..."Re: タイトルなし"
ルークさん
コメントありがとうございます。

確かに普段は死を意識ません。けどやっぱり狭間を見たり、経験したり(これは未経験ですが)すると、変わりますね。中二の頃、祖父が末期の胃がんで死にました。抗がん剤で弱っていく姿、ヨレヨレの字で「死にたい」と書いたメモを見せてきた時、生死ってなんなのかと強く思ったことを思い出しました。

完済したときが本当の終わりですね。ある意味始まりですが、その時見えるもの、感じることが今から私も楽しみです。
2015.01.10 09:49 | URL | #- [edit]
さといも says..."Re: タイトルなし"
さちこさん
コメントありがとうございます。

いい言葉だと思います。父のくせに笑

すぺさんのリコメでもしましたが、私は借金にいいも悪いもないと思ってるんですよね~
理由はどうあれ、返さないといけないお金には変わらない、みたいな。

はよちゃっちゃか返してしまいます~~
2015.01.10 09:52 | URL | #- [edit]
ふくろう says...""
「悪い出来事を起こさないようにするのは大切ですが、起こった出来事を、どのように自分の人生に活かしていくのか、その方が大切」

良いですね(^^)

自分が望まなくても起こさなくても、悪い事なんて起こる時は起こってしまいますもんね。。

だからこそ、ましてや自分で起こした事であれば、どう向き合うかが大事なのかなと思います。
2015.01.12 02:46 | URL | #- [edit]
さといも says..."Re: タイトルなし"
ふくろうさん
コメントありがとうございます。

ほんと、悪い事って誰も望んでないんですよね。。
だけども、普段の行いに応じて、「大難が中難に、中難が小難に、小難が無難」になることもあると思います。まー気を付けて行動せーよって感じなのでしょうか笑
2015.01.12 22:14 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

***スポンサードリンク***
***スポンサードリンク***
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。